糖化とは、どんな事か

糖化とは、体内にあるタンパク質と青汁 ランキングが摂取した糖が結びつき蓄積します。 糖化してしまったタンパク質は、糖によってタンパク質が焦げて劣化してしまったようなものです。 いわば、パンが焦げて黒くなってしまうのと、イメージは似ています。 よって、通常、我々の体を作っているタンパク質とは、意味や存在が違います。 劣化し糖化してしまったタンパク質は、肌の表皮を硬くし、ほうれい線の化粧品が必要になるぐらい老化に導いてしまいます。 成人病にも発展してしまう、恐ろしい成分なのです。



何故糖化するの?

糖化してしまう原因は、文字通り糖の摂取がカギとなっています。 糖は、食べ物で摂取する甘い成分の事。 糖はエネルギーになりますので、我々の体内には必要な物です。 しかし、摂取し過ぎてしまうと、糖化作用が過剰に働いてしまいます。 よって、老化を早めてしまいます。 甘いものは、適度に取る事は大切な事ですが、取りすぎる事は体だけじゃなく肌にも深く影響していきます。 また、早食いする事も、糖の作用を高めてしまいますので、よくありません。 早食いはダメと言われていますが、それは胃腸の問題だけじゃなく、肌老化にも響かせるので覚えておきましょう。 運動不足も、体の代謝が低くなってしまいますので、糖化に結び付いてしまいます。 適度な運動をする事は、糖化を抑制する事が出来ます。

糖化が肌に影響を与える、深刻な理由

肌は、コラーゲンやエラスチン等のタンパク質によって、作られています。 糖化してしまうと。タンパク質を劣化させてしまいます。 コラーゲンやエラスチンに影響を与え、肌機能が低下してしまい、エイジングを引き起こします。 肌が硬くなり乾燥を招くので、ハリや弾力が無くなります。 シワやたるみなどの、年齢肌が発生してしまいます。 糖化は、エイジングと密接な関係があるといえます。 エイジングに対抗する為には、糖化を防ぐ事がカギとなると言えるでしょう。

抗糖化成分とは

抗糖化成分として注目を浴び始めてきているのは、ブルーベリーです。 ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、抗糖化が期待できると言われています。 他にも、ビタミンCやカテキン、イチョウの葉、ドクダミ、セイヨウオオバコ種子エキス等が、抗糖化作用があると言われています。 これらが含まれているスキンケアは、有名な成分とそうじゃ無い成分があります。 調べて、積極的に使ってみると良いでしょう。 抗糖化の為には、食事の取り方で抗酸化対策をしていくのが一番効果的と言われています。 補助的にスキンケアで補うと、効果をより上げてくれます。 Wの効果で、糖化に負けない肌になりましょう。

    

    

Copyright (C) 2008 エイジングの大敵、糖化を防止する為には , All rights reserved.